HOME>みんなの声>資格を持って有利に立とう!医療事務で働きたい人が資格取得するワケ

資格を持って有利に立とう!医療事務で働きたい人が資格取得するワケ

事務の女性

医療事務の資格をとると、転職に有利になるため、資格取得を目指す人がふえています。また、資格があると職務を行なう上でも自信を持って行えるようになります。医療事務の資格をとって良かった点について皆の口コミをまとめました。

みんなの口コミ

転職に役立ちました

これまで特別な資格など取らないまま漠然と仕事をして来ましたが、結婚を機に考えが変わりました。というのも、夫が転勤族だったからです。今後もし夫の転勤に帯同する場合は自身も職探しが頻回になります。そういった場合に無資格では就職が困難なのです。そこで目をつけたのが医療事務講座です。医療事務は全国どこへ行っても需要があるはずです。ただでさえ医療事務は女性人気の高い職業ですから、無資格未経験で転職するのは本当に困難です。通信講座は予想以上に難しくもなく飽きる事もなく学べました。やはり有資格者ということで医療事務への転職は大変スムーズだったと実感しています。今後の人生においてもこの資格は様々な場所で活躍してくれるはずです。
(30代 女性)

自分の自信に繋がりました

私個人の場合は数年前から既に医療事務として働いており、実務経験がある中での講座受講でした。今までは実際にクリニックで勤務をしながら、先輩から教えてもらった通りの方法で受付、会計、レセプト点検などを行なっていましたが、更に深い知識を得たいと資格の取得に踏み切りました。仕事との両立について当初は不安もありましたが、働きながらの勉強はリアルタイムで身につくので苦になりませんでした。今まで何となくで行なっていた業務も、より専門的な知識とスキルを得た事により自信がついて良い仕事が出来ているなと感じます。今まで以上に踏み込んだ仕事ができるようになり、職場からも頼りにされているのを感じ、やりがいに繋がりました。頑張ってよかったと感じています。
(40代 女性)